グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部門紹介  > 作業療法

作業療法

作業療法は入院治療を受けている方を中心としたリハビリテーションの一環です。
こころの病気になると、以前のように楽しい気持ちや意欲がわかない・自信がもてない・集中できないといったような問題が生じることがあります。
そのような問題に対し、作業療法では様々な活動を行い、共に考え、体験することで、こころの回復をはかる《こころのリハビリテーション》です。


主な活動

創作活動ビーズ、パズル、編み物、プラモデル制作、クラフト工作、書道、塗り絵、陶芸 etc
音楽活動音楽鑑賞、合唱・楽器演奏、カラオケ
軽運動園芸、卓球、ストレッチ、筋トレ etc
心理教育プログラム症状を知る、服薬管理、セルフケア、社会資源の利用 etc
退院支援グループ外出、料理、ミーティング、施設見学 etc
生活習慣病対策プログラムスロートレーニング、ウォーキング、身体計測 etc
その他パソコン、DVD鑑賞、各種ゲーム、読書、脳トレ etc

ヨガの様子

これら以外にも病棟活動を多数ご用意しています。
担当作業療法士と話し合いながら活動を通してリハビリテーションを進めていきます。
OTは、主治医の指示により開始されます。見学はいつでも受け付けています。
主治医・看護師・担当OTにご相談ください。

※OTを利用するためには当院を受診または入院されている方が利用できます。
※ プログラムの一部については、 OTブログで確認ができます。